お気軽にお問い合わせください
TEL. 088-668-3636
開館時間 AM9:30 ~ PM17:00

HOME > お知らせ

常設展示室の閉室について

常設展の全面リニューアルのため、2020年9月1日~2021年8月頃の間、常設展示室を閉室します。ご不便をおかけし申し訳ありませんが、新しい常設展のグランドオープンにご期待いただければ幸いです。

新常設展の展示製作の進捗状況~仮囲いの片隅で~

2020年9月より新常設展の展示製作作業が始まります。進捗について、随時ここで報告していきます。

10月14日 恐竜など大型骨格標本の撤去開始

来年(2021年)8月の新常設展のグランドオープンに向けて、恐竜などの大型骨格資料の撤去がはじまりました。今日は、ティラノサウルスの撤去を行いました。ティラノサウルスさん、30年間お疲れ様でした。まずは、休息していただき、また、来年の新常設展での活躍を期待しています!

   

10月3日 アユ漁の映像撮影

新常設展内では、VRシアターという部屋を設けます。ここでお楽しみいただける映像コンテンツも現在撮影、製作中です。
本日は、三好市山城町の吉野川上流域で地元の方にご協力いただきながらの、360°カメラでの撮影でした。 どんなVR映像ができあがるか、こうご期待!

   

10月2日 新常設展の紹介パネル展示

徳島県立博物館は、ただいまリニューアル工事を行っていて、ロビー部分に仮囲いの壁を設けているため、外からは何も見えません。
そこで、仮囲いの壁に、常設展示室のリニューアルについて解説パネルを設置しました。リニューアルへの軌跡や、生まれ変わる常設展示室の概要、グラフィックイメージなどを展示しています。鳥居龍蔵記念博物館や近代美術館と同じ2階フロアですので、立ち寄ってみてください。

   

9月30日・10月1日 新常設展展示計画再点検のためのワークショップ

常設展リニューアルに向けた取り組みの一環として、2日間にわたりワークショップを実施しました。
展示監修者の染川香澄氏にお越しいただき、改めて展示の意図、デザイン、効果的なグラフィックパネルの書き方などを念入りにチェックしました。
利用者目線からの染川氏の厳しいコメントもいただいています。まだまだ取り組まなければならない課題はたくさんありますが、着実に前進を実感できた2日間でした。

   

9月2日 演示具作成のための資料実測開始!

新展示での演示具作成のための資料の実測が始まりました。
まずは地学、考古の分野の、旧常設展で展示していた資料からです。

   
   

9月1日 常設展示室の仮囲いの設置と資料等の移設確認作業

常設展示室を囲む仮囲いの設置が完了し、大理石の床はベニア板で養生されています。
展示製作に先立ち、旧常設展の資料や備品類を移動させるため、展示室をまわりながら1点1点まちがいのないよう確認していきます。
仮囲いの外側には、恐竜画家で勝浦町恐竜大使をお務めのCANさんの作品が設置されています。こちらは、ご覧いただけます。

   
   

ページトップに戻る